旅行・地域

2013年5月 5日 (日)

連休の一日

定休日以外、店を休むのを極端に嫌う姑も、
ゴールデンウィーク中は、一日だけ店を閉め、
娘と、その婿である私と一緒にちょっと出掛ける

昨日は、その臨時休業日だった

今年、私は、群馬の横川から旧信越本線の碓氷峠旧線を歩こう、と考えていた

姑は、アブト式の旧線に何度か乗車している
ちょくちょく、その思い出話を楽しげに聞かせてくれるのだ

以前、有名なメガネ橋の周辺だけ歩いたことがあったので、
今回は、それを横川駅から熊野平信号所まで踏破しようと思っていた

ところが、去年、伊豆松崎まで足を伸ばした際に、
渋滞に巻き込まれ、帰りも遅くなり、いささか疲れたことを根に持つ嫁が、
今年は近場にしよう、と、私のアイデアをまさに一蹴の元に却下した

で、どこに行ったかというと、市内の公園である


近すぎだろ


と思った


が、行ってみるとこれがよかった


その公園は、市立の緑化園というもので、要するに植物園である


駐車場の入り口に整理人員が出ていたものの、駐車場は充分空いていて、
なおかつ、その駐車場も公園も無料だった

何がって、まず、これが良かった(笑)


公園は広大というほどではないが、隣接する自然公園と相まってなかなかのボリュームである

生垣のアプローチを抜けると、小ぶりな西洋式の幾何学形状の花壇に、
パンジーを見事に咲かせていた

Cnpg76
真ん中に茶の木で狭山市章を模った西洋式花壇

周囲には、ハンカチノキやコデマリ・オオデマリ、藤、ツツジ・サツキといった木の花も植えられている

Cnpg0l
花の形がハンカチに似ているからハンカチノキらしい・・・

花以外にも、高木の林や、自由に遊べる芝生の広場もあって、
なかなか飽きさせないデザインである

Sp1030663
林の中では新緑の木漏れ日の美しさに洗われる

庭木や薬草をまとめている区画もあったりして、実に興味深かった

Sp1030664
超花盛りのこれはモッコウウバラ。ハナムグリの羽音がうるさい(笑)


園内に商業施設は無く、露天商なども出ていない
あるのは、植物に関する相談窓口を持つ管理棟とトイレ、
飲み物の自動販売機ぐらいだ


その商売じみた感じが無いのがまたいい
また、出店が無いと、静かで変な匂いもしない
考えてみると、これは、植物園に大切な環境である

芝生広場で、親子が野球遊びに興じてたり、シートの上で弁当を広げていたり、
休日を思い思いに過ごしている様がとても心地よかった





靴がほしい、と姑が言っていたので、
ちょっと足を伸ばした東松山に最近出来た、
ピオニウォークというショッピングモールに向かう

途中、国道407号が越辺川(オッペガワ)を渡る高坂橋のすぐ下流に、
古い橋が残っているのを、地図と航空写真で見つけていたので、ちょっと立ち寄ってみた

Sp1030666
越辺川左岸から見る島田橋。なんと橋脚まで木造である

石の河原で、小学生たちが泳いでいたり、小さな姉妹と父親が釣りをしていた

Sp1030665
橋から下流の眺め。いい風景

橋の名称すら知らないで訪ねたのだが、
対岸に渡ってみると、こんなものがあった

Cnrcqc

埼玉はロケ地としてあちこち利用されているが、
ここもこんなに使われていたとは・・・・

Sp1030667
そういわれれば、「JIN」でこんな構図があったような・・・

驚いたことに、この島田橋、なんと現役である

それも、幅1.8m、重量1.5tまでの制限つきだが、車も渡ることができるのだ!


私の車も渡れる条件だったが、やめておいた

Cnrfo8
地元の軽が渡っていく・・・歩行者は嫁と姑。

ここは、あくまで私の趣味で立ち寄ったのだが、
嫁も姑も面白がってくれてよかった


ここからピオニウォークまでは、車でほんの数分
幸い、なかなかいい靴が見つかり、
先月米寿を迎えたばかりの母の日のプレゼントとして贈らせていただいた


帰りの高坂橋を先頭に、2kmほどの渋滞に遭遇したが、
高速道路に比べればいくらでもない

近くでも、充分楽しめて、尚且つたいして疲れない、連休の一日だった

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ