« 2015年5月 | トップページ | 2016年11月 »

2015年6月

2015年6月16日 (火)

HDDから卒業した(SSD化の話)

パソコンに関して、CPUは非常に高性能になったし、
メモリは安価になって、低予算で有り余るほどの容量が手に入るようになった今、
性能の足を引っ張っているのは、なんといってもハードディスクである

容量こそ飛躍的に増え、保存容量に関しては期待に充分応えてくれるようになったものの、
物理的に回転している記録媒体を用いて読み書きするという機構上、
どんなに頑張っても、CPUやRAMといったICの処理速度にはまったく敵わない
今、パソコンで遅さを感じるのは、ハードディスクの処理待ちがほとんどである

そんな現実を打開するため、ハードディスクは、数年前から、SSDという、
いわばIC化という進化(変化?)を遂げ始めた
記録媒体を、回転体からICに変えることで、
RAMなどと遜色ない読み書き速度を実現させた方式である

その性能の高さは聞き及んでいたが、
市場に出回り始めたころは大変に高価で、
試したくても容易には手が出なかった


そのSSDも、もう十分手の届く価格になった

私はWindows7 Pro 64Bit を使用しているが、
そのシステムドライブが使用している容量は、100GBに満たない
余裕を見て256GBのSSDを選んでも、
2015年の今なら、13,000円前後で買えるのである


そこで、あまりに遅くて使う気が失せていたノートPC(NEC Lavie LE150C2)で、
私にとって初めてのSSD化を試みた

もともとのHDD320GBのうち、使用している100GB弱に余裕を持たせ、
Transcend社の256GBのSSDを12,500円ほどで購入した
また、現在のHDDの内容をそっくりそのまま移植(クローン)するために、
HDDで稼働しているPCにSSDを外付するためのアダプタ(750円)と、
クローン化のためのフリーソフトであるEaseUS Todo Backup Free 8.3をダウンロードし、インストールした

新品のSSDは、フォーマットをしなければならない
その手順は、SSD・フォーマットでの検索に任せる
初心者には馴染みのない作業だろうが、
作業自体にはほとんど時間はかからない

EaseUS Todo Backup Free 8.3の使い方も、丁寧な解説がネット上に多数ある

クローン化の実行時間は、USB2.0接続で1時間弱だった

クローン化が完了してしまえば、PCの電源を切り、
HDDをSSDと交換して、PCの電源を入れるだけだ

Lavie LE150C2は、電源投入から起動し安定状態になるまで、
HDDでだいたい1分ほど掛かっていた
もともとこれだけの短時間で起動を終えるPCだったので、
正直、SSD化の恩恵はさほど得られないと予想していた

ところが、SSDに交換したところ、起動に30秒も掛からなくなってしまった
体感上はとんでもない速さである


そこで、メインPCであるミニタワーPC(DELL Vostro430a)も、
システムディスクのSSD化に踏み切った
しかし、ノートPCで予想をはるかに超える性能向上を得られたにもかかわらず、
ミニタワーPCでは、さほどの性能向上は得られないだろうと思っていた

ミニタワーPCのシステムディスクには、500GBのHDDを充当していた
手持ちの中で、最も高速なHDDが500GBだっただけで、
やはり、使用容量は100GBに満たない状況
その起動時間は1分から1.5分ほどだった

用意したSSDは、ノートPCと全く同じ256GBのもの
作業内容や必要な道具もノートPCと全く同じ
掛かる時間もあまり変わらなかった


そして、予想に反して、SSD交換後の起動は30秒も掛からなくなった


こうして文字にしてしまえば、僅か30秒ほどの変化でしかないが、
その体感差は、文字表現をはるかに凌駕する、驚くべきものだった



Windowsの起動だけでなく、CADなどの重いアプリの起動も概ね半分になり、
WordやExcelなどの軽量なアプリに至っては瞬間的に起動するようになって、
そのあまりの速さにいちいち驚く状況である



SSD化は、遅くなったPCをもう一度現役復帰させるカンフル剤などと表現されているが、
まさしく究極のパワーアップで、もはやこれは次世代化と言いたいほどである

それに、交換の作業はかなり簡単で短時間だ

SSDは、HDDに必須だったデフラグが不要というか、
むしろ寿命を縮める悪行と捉えられているらしいので、
 (Windows8以降は状況が変わったらしいが・・・)
予めHDDのデフラグを終わらせてからクローン化したのだが、
それでも、SSD化は半日も掛からない作業だった


機械が苦手な方にはそれなりの難易度かもしれないが、
この性能向上は、その労を補って余りあるものだと思う

« 2015年5月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ