« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

今年もありがとうございました

一年間、決して少なくない方々に訪問して頂き、
ありがとうございました

来る年も、適当に、緩く、気が向いたときに、
だらだらっと書いていこうと思っています

Sp1031089

明日の朝、この器たちに料理を並べて、
新年をお祝いしたいと思います

皆様にとって、新年が、素晴らしい日々となることを、
心よりお祈り申し上げます



じ~きた拝

2014年12月 4日 (木)

一部の追突防止システムのCMが生理的にムリ

前方の障害物を察知し、追突しないように自動でブレーキを掛けるシステム
追突防止システムとでも呼べばいいのだろうか

事故防止には効果の高いシステムだろう

だが、そのCMの一部に、どうにも受け入れられないものがある


一つは、つい先日まで放映されていた日産自動車の小型車のもの

メインの日産車だけが青い実車画像で、
それ以外は白いシルエットで描かれているものだった

若者が一人で運転する日産車が、白いシルエットカー数台を、
まるでスラロームのように、車線変更を繰り返しながら抜いていく

凡そ追い越していい状況とは言えないほど車間距離が詰まっている中、
車線変更の際に、車が傾くぐらいの急ハンドル操作で、
白いシルエットカーを次々と3台ほど追い越した直後、
前方に現れた渋滞を追突防止システムが察知して停止するというものだ

運転する若者は、それを自慢げな笑顔でアピールする


いや、危機一髪だったんですよアナタ笑い事じゃないですよ
それに、アナタの運転、マナー違反ですよ



もう一つは、今も放映されているCMで、やはり日産自動車のもの

家族を乗せた白いワンボックスカーが、綺麗な自然の中を走っていると、
運転するパパも景色に目を奪われ、前方の渋滞に気づかず、
それを追突防止システムが察知して停止する

助手席に座る幼い娘がフッと息を吹くと、
前方の渋滞が、木の葉となって吹き飛ばされ、
さぁ出発!といった雰囲気で走り去るというものだ


追突しそうになったパパが、
家族に『危ないでしょなにやってるの!』となじられることもなければ、
パパ自身、そんな危険な運転をしたことを悔いるでもなく、
そんな危機を微塵も感じさせない笑顔である



だいぶ前に見なくなったが、フォルクスワーゲンのUPという車のCMも、
女の子に気をとられて脇見運転した危機を、
追突防止システムが救うというストーリーだった





追突防止システムを際立たせるために、
なぜこのように、迷惑だったり危険な運転を描こうとするのだろう?


『CM上の演出です』というような空気感は分からないでもないが、
あんな運転を実際の道路上でやられたら、私は迷惑だし、
それをニコニコとCMで流すセンスが、私には理解できない



私は、このような安全装備は、
あくまでドライバーの安全運転が前提で、
それを補完するシステムでしかないと捉えている

そんな私には、そもそもドライバーが安全運転できる状況でありながら、
それを怠った運転を補完しているという描き方が、
生理的に受け付けられないのだ



ちなみに、スバルは、同様のシステムを、体験試乗という描き方でまとめている
こちらは、実際の運転では、このようなことが起きないようにしてください、
というスバルのメッセージを感じ、誠にしっくりくる



ところで、私は、追突防止システムや急発進防止システムなどは、
それを本格作動させた場合に、免許に記録するシステムもつけるべきだと思う
そして、その記録は、免許証更新の際などに、運転指導として生かすべきだと思う

2014年12月 1日 (月)

金曜23時のFM番組「Nuts5(2017年4月からNuts23に改名)」が実に楽しい

Twitter で#nuts5 のハッシュタグをつけて実況しているファンの間では、
どうせ名前変わって続くんだろ?とか、
スポンサーが変わるのか?などと、
ようは「終わるわけがない」という観測がなされていましたが、
そのとおりとなりました

2017年3月31日の放送の最後の最後で、
司会の松山三四郎さんご自身の口から、
この番組「Nuts5」は、2017年4月から、「Nuts23」に名称変更し、
そのまま続くと発表されました

めでたしめでたしw


(だけど、”なっつつーすりー”って、語呂悪くねぇか?w)


------------------------------------------------------


2017年3月24日の放送で、
司会の松山三四郎さんご自身の口から、
この番組「Nuts5」が、2017年3月31日で終了と発表された

残念だが、永遠に続くものはない
過去を懐かしむ番組として、この終了のタイミングは頃合だったと思う


三四郎さん、じゅうぶん楽しませてもらいました
まどかちゃんとの掛け合い最高でした

どうもありがとう


------------------------------------------------------


埼玉の地方FM局、Nack5で、金曜日の夜11時から放送している、
Nuts5(なっつふぁいぶ)という番組が、とても楽しい

かなりオタク度の高い番組なので、万人受けはしないだろうが、
子供の頃、テレビにどっぷり浸かっていたマニア気味の40歳代にとって、
それは、懐かしさとわくわく感を刺激してやまない番組なのだ

番組は1時間の音楽番組で、
全編、ほぼ昭和時代の懐メロジュークボックスといった趣
それが、ちょっとだけ斜め目線の選曲だったりするから、
それだけで、聴いているこちらはテンションが高まってしまう

それに加えて、DJの松山三四郎さんの、
あの時代を語る熱量激しいトークが、また楽しくてたまらない



番組は、ドラマや映画などを強く偏って寵愛するリスナーからの、
熱烈なリクエストに応える冒頭のコーナーで始まる
そして、ここで流す一曲が、その日の放送のテーマになっていたりする

続く、バーを舞台にしたコント仕立てのコーナーは、
そのテーマに概ね沿って、トークと曲が怒涛のように展開する

このコーナー、一聴すると、ただのスケベ中年オヤジが、
得意の懐メロトークで若い女の子
  (まどかちゃん。はにわ体型。苗字はかわせ?T摩美術大学卒。しかしいろいろと不詳)
(なんと!ここに部分写真がアップされました→ここ
を口説くという、
ただのおちゃらけコントなのだが、
それゆえに、曲や話の内容に疎いリスナーに対する、
面白おかしい解説にもなっているので、知識が浅くても楽しめてしまうのだ

うまい
とても上手い番組構成になっている


番組ホストの松山三四郎氏はシンガーソングライターで、
私と同じ1970年生まれだ
恥ずかしながら、私はこの方を知らなかったが、
ラジオDJの経験も豊富なよう


毎週金曜夜11時からのFM-NACK5、松山三四郎のNuts5
冒頭にも書いたが、オタク度はかなり高く、安易におススメはできないが、
あの時代のドラマやアイドル、テレビが大好きだった方々には、
こっそり教えてさしあげたい、
久しぶりの楽しいラジオ番組である

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ