« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

RADWINPSの「ドリーマーズハイ」

この曲を聴き始めて半年

やっとPVを見て、歌詞を見ました


私には、こんな感性、少なくとも今はもう無いな

歌詞

PV



もともとこんな感性無いんですけどね

ライディングブーツを買った

私はバイクに乗っている

乗るときには、必ずバイク用のブーツを履くようにしている

バイク用品メーカーが作るそれは、
安全性、耐候性が充分考えられていて、
一般の靴では代わりが利かないほどに差がある

そのおかげで、耐久性も優れていて、
これまで履いてきたブーツは、あらかた10年ほど履いたと思う

非常に長持ちしてくれたが、そのブーツのソールに、ついに穴が開いてしまった

早速ネット通販で代わりのものを探したが、
上記のように高性能なものなので、いかんせん高価である
耐久性の高い本革だと、15,000円はくだらないといった感じだ

最近は、楽天やヤフー、Amazonなどのネット通販サイトが普及し、
通販店の殆どが、そこを窓口に使っているが、
昔は、個人のサイトで通販しているところも多かった

そこで、一縷の望みを掛け、ネット検索してみたのだが、
自分の運のよさに驚いてしまったw

ある、ほぼ個人のサイトに、その前日から、市価より5,000円ほど安い価格で、
狙っていたモデルのブーツ(NTB-21)が売りに出ていたのだ

個人サイトの限定販売品だけに、問い合わせは電話である

電話で通販なんて、実に懐かしい

電話にはおばあちゃんが出たらしく、私が細かい話をし始めたら、
ちょっと待ってくださいと言って、もう少し若い声の女性に代わった
幸い商品が残っていたので、代金の振込先や送付先の遣り取りをして電話を切った

代金は金曜日に振り込み、その旨メールで報せると、
入金確認は月曜日だから発送も月曜日です、と返事があったのに、
商品は日曜日の朝に届いてしまったw

電話での会話や声の調子で、こちらを信用して下さったのかもしれない

なんか、一昔前は当たり前だったこんな遣り取りに、
心が温まるような気分だった


しかし・・・このブーツが10年経つのを待たずして、私も50歳になるんだな


Sp1030870
南海部品製NTB-21黒。南海部品城北店サイトにて購入

年賀状雑感

毎年、80枚ほど、年賀状を出している

この数年、年賀状だけのお付き合いという相手も多い

それでも縁が切れないよう、
年末のほんの数分だけでも、その人のことを想う、
そのこと自体が年賀状だと考えている

なので、私は、自筆で宛名を書き、一言の言葉を書き添えている


私に届く年賀状にも、勿論一言メッセージを添えてくれる方も多いが、
今年は、それが無くなっていた相手が何人もいた

実は、それぞれ、何らかのきっかけらしき出来事があった

たとえば、久々に再会して一杯飲んだ後輩
毎年、「飲みましょう」と書いてきていたが、
いざ会ってみたら、現在の私に失望したのかもしれない

あるいは、散々迷惑を掛けて結婚した後輩夫婦
毎年、擦り寄ってくるような一言を書いてきていたが、
私が二人を徹底的に遠ざける態度に嫌気を差したのかもしれない


来年、どう変化するか楽しみである



また、私の年賀状の感想の言葉を添えてくれた人もいた

嬉しいけれど、見方を変えれば、
少なくとも私の年賀状を見てから、返信を書いている方である

その人は、私から年賀状が届かなければ、
私に年賀状を出さなかったかもしれない


年に一度の遣り取りだけに、いろいろと想いを巡らせられるのも、
年賀状の面白いところだと思う



所詮、一年のうちのわずか数分足らずの作業だ
たった一枚の紙。たった一言。まぁ、それだけのことである

ましてや、私ぐらいの世代以降なら、
古臭い風習と一蹴している輩も多いのが年賀状である

届いたことを有り難くは思えど、
宛名書きが活字だろうと、手書きの一言が添えられてなかろうと、
たいして気持ちは揺り動かされない


それでも、私は、宛名は手書きで、一言添えて送り続けるつもりだ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ