« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月

2013年8月27日 (火)

夏旅2013 その2 <開発>

この歳になると、一年など本当にあっという間だが、
帰省先にまつわるこの一年間を振り返ると、
やはり、一年というのはそれなりの長さがあるのだと思わされるほど、
今年は変化が多かった

印象的だったのは、大規模な土地開発が2件行われていたことだ


まず、2軒先に、老人福祉施設の建設が始まった

数年前に廃業した老舗旅館の敷地に、4階建て程度の施設が2つほど建つらしい

私がここに帰省するようになって30年以上になるが、
その中ではいちばん大きな建設工事である

それだけに、海にどんな影響が出ているか心配だったが、
幸いなことに、海の水自体はとても綺麗だったし、魚は例年より多く、影響はあまり無いようだった
また、都会の建設工事と異なり、作業は実にのんびりと行われていたので、
これならば、建設中はまず安心だろう

ただ、完成後も汚水と生活排水が出る
最新の合併浄化槽が設置されるのは確実だが、規模があるだけにその排水量が心配だ

海に面した眺めの良い場所だ。きっとなかなかの人気になることだろうが、
どうか、せっかくの良好な環境に悪影響が出ないようにしてほしい



もう1つの土地開発は、裏山の宅地開発である

この地域は静かだし、そこそこ便利なうえ、温泉も湧くので、別荘開発したいのはわかる
ただ、平地は皆無で、宅地開発は必然的に裏山を開くことになる
これまでにも裏山を開いての宅地開発は幾度か行われてきた
しかし、景気のせいか、あるいは雨が降ればすぐ崩れる脆い山だからか、
開き始めては放置、の繰り返しだった

今回もそうなる可能性はある
しかし、ここ最近ではもっとも本気の開きようだった

普段、あまり裏山には近づかないのだが、散歩ついでにその辺りに行ってみた

裏山は、海面が50mほど高ければ、離れ小島になるような形状だ
かつて、その谷筋には老人ホームが建ち並んでいたが、今は解体されている
陽の当たらない北向きのその谷には、とても陰鬱とした雰囲気が漂っている

谷の峠には、それ以上の山に上る複数の工事用道路が開かれている
山の中腹にも、原生林を開いた山の地肌が所々見て取れたので、
確かに、それなりの力量で開発しているようだ

しかし、その峠がいけない

峠の先には入り江があり、その入り江から風が抜けてくるのだが、
その風が、ここには来るな、と言っているように思えてならないのだ

小笠原を旅した時、山で受けた感覚とよく似ている
周囲の原生林が、あるいはその茂みに潜む野生動物が、あるいは魂のようなものが、
こちらをじっと注視しているような威圧感が非常に強いのだ

「それ以上入ってくるな、ここはお前の場所じゃない」

そう言われたような気がして、周囲の気を損ねないうちに戻ってきた


これまでの宅地開発が頓挫したのは、あるいはこの雰囲気のせいかもしれない
そう思えるほどの、不思議な感覚だった

実は、風が吹いてくる峠の先の入り江も陰鬱としていて、普段あまり近づかない場所のひとつだ
入り江には防波堤を抱くそこそこ広い陸もあるのに、人が住んだ痕跡がまるで無い
周囲の自然が、住むなと訴えかけてくるような感じだ


この裏山を挟んだ、家のある辺りには、そんな雰囲気はまるで無い
明るくて、穏やかだ


私は霊感が強いわけでも、そういったものを信じているわけでもないが、
かといって、峠で受けたような感覚をことさらに無視しようとまで思わない
あの感覚にはそれなりの理由があるのかもしれないのだ
それは、山肌の勾配であるとか、地盤の弱さであるとか、陽の当たり方というような、
科学的に解明できる種類のものかもしれないが、
いずれにしても、感覚的に、近づくべきでない場所というものがあるのは間違いない

自然の多い土地で暮らしていると、それを強く意識させられるのだ


この地域の土地が直接変化する開発はこの2件だが、
もう1件、内陸で高速道路の延伸工事が行われている関係で、
集落にそのための寄宿舎が建った
例の入り江のいちばん奥に、だ

和歌山では、2015年に国体が開催されるそうで、
それまでに、高速は隣町、すさみまで延伸されるようだ
しかし、ここの集落にはICは作られない
作られないほうが、この集落にはいいと思う


Sp1030731
近所の店で同席したお子さん。この店もいろいろ変化があった。

2013年8月24日 (土)

夏旅2013 その1 <道の選択>

和歌山の実家に帰省してきた

今年は家内と二人である

昨年は友人一家と一緒だったし、その前は姑と行ったりと、
なんだかんだで二人きりの帰省は5年ぶりになっていた

ルートは昨年と凡そ変わらない
入間ICから圏央道、中央道、名古屋高速、東名阪道、名阪国道、西名阪道、阪和道と駆け抜ける

ただ、毎年渋滞で不愉快な思いを強いられる三重県四日市の辺りをどうにかすべく、
今年はそれにチャレンジしてみた

とはいえ、高速を降りて一般道を走るだけだ

今年は休みがうまく取れて、出発したのは木曜深夜
金曜の正午まえに問題の箇所周辺に辿り着いた
渋滞は亀山を先頭に桑名あたりまでとのことだったので、
木曽三川を越えた最初のインターである桑名東ICで降りた
桑名東はR258に接続していて、その先は四日市工業地帯の動脈、R23である
しかし、このR23もなかなか混んでいた
沿道は純粋な工業地帯ではなく、住宅地も点在していて、
そういった地域で頻繁に信号が流れを止めるのだ

とはいえ、この区間の高速の渋滞のような、ギッチギチの混雑というほどではなかった

ちょうど昼時になっていたので、鈴鹿の石薬師の辺りで、
地元のファミレスらしき「のんびりーと」という店を見つけ、入った
内容もわからないまま、日替わりランチを注文すると、ドリンクバーと共に、
地野菜のサラダバーやお惣菜、果物、口直しのゼリーまで食べ放題
その野菜が実に美味く、ほくそ笑んで食べていたところに出てきたのが、
女性には完食がまず無理であろう、見るからに大きなロースカツだ
こちらにもサラダが乗っていて、ご飯と味噌汁(パンとスープも可)が付いて、
750円というから魂消てしまった
おまけにご飯はおかわり一杯無料
カツも軟らかくて香ばしくて、感激してしまった

家内はハンバーグランチという、もう少し値の張るものを注文したが、
こちらも、黒毛和牛の赤身の味が素晴らしく、プレートに乗っていた焼野菜も、
サラダバーと違う美味さを存分に楽しむことが出来た
値が張るとはいえ、サラダバー、ドリンクバーつきで、1,000円しなかった

こういう店を見せられると、関東の多くの店は、「商売」をしているんだなぁと思う
関西は、もてなす、喜んでもらうのが第一義という素地があるのだと思う
なかなか混雑していて、地元の人に愛されていることが伺われた

高速が渋滞しているから、一般道に逃げる、という選択は、
結果的に高速のほうが速かった、という結果に終わることが多い

しかし、走っている道以外何も無い高速道路と違い、
小学校の頃に教わった四日市工業地帯の広大さや活気、旧東海道の史跡など、
地域の風景は楽しめるわけだし、地元の食事処の魅力も十二分に満喫できた
古くから栄え続けているところであれば、渋滞している高速は降りたほうが吉のようだ


食事処の前の道は、そのまま名阪国道に繋がっている
仮眠を取りながらとはいえ、夜通し走った疲れもあり、所々で休みつつ、
南紀田辺ICに着いた頃には、18時をまわっていた

去年と同じ店で夕食を摂り、去年と同じ店で買い物をし、
家に着いたのは20時を過ぎていただろうか

星と漁火が綺麗で、潮騒はとても静かだったが、異常に湿気が高かった
今回の滞在中、この気候はほぼそのまま続いた


ちなみに、ルート上で渋滞していたのは、やはり四日市周辺のあの区間だけ
本当に困った区間である

Sp1030728
名阪国道の手前で遭遇。奇異な向きの積荷がおかしい。

2013年8月 6日 (火)

寺の忙しさ

大学の先輩に、住職がいる

その方に頼まれて、この一ヶ月あまり、寺務のお手伝いをしている

寺というものは、私のようなよそ者から見ると実に暇そうに見えるのだが、
中に入って一日過ごしていると、意外なほどに用事が多い


今、寺はお盆の施餓鬼の準備に忙しい

住職自身は、施餓鬼で配る卒塔婆を数百本書かなくてはならないため、
私を手伝いに呼んでいるのだ

書きあがった卒塔婆の内容の確認や移動、整理、
お堂の掃除の差配、訪問者への対応などなど・・・・
それに加え、住職も大学生に教えているので、
期末のこの時期は、提出課題の整理などの寺と関係ない仕事まで山積である

これを全て住職一人がやっていたのかと思うと、
まこと、卒塔婆書きなどといった1つのことに集中するのは至難だろう


檀家さんの情報などに触れてしまうだけに気は遣うし、
そのせいか、帰ってくればぐったりするほど疲れるのだが、
私自身、寺にお参りに行くのが楽しくて仕方ないという、
仏教にそれなりの興味がある人間なので、
寺側の人間として、寺に出入りできるのは嬉しい


ということで、寺の手伝いで忙しい毎日だ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ