« 夏旅2012 その7 <庭> | トップページ | 夏旅2012 その9 <旅中旅> »

2012年10月 5日 (金)

夏旅2012 その8 <海>

西側の庭は崖に面していて、そこには小さな門がある

その門には、岩肌をはつった50段の石段が取り付いている

崖は割合と脆く、地震があるとこんな感じで崩れてしまう

P1040036
モルタル舗装の石段道を阻む落石

この石段を降り切ると、磯だ

635500469
沿岸だが、ここの海は綺麗だと思う

この磯には、うちを含めて3軒が面している
磯に下りる階段を持っているのはうちともう1軒だけで、
残りの1軒は、うちの階段を使っている

そのぐらい、行きにくい場所なので、その他の人はなかなか辿り着けない

いわば、プライベートビーチだ

水深は5mも無いので、ぷかぷか浮かんでいるだけで、
海底や岩肌に泳ぐ、大小色とりどりの魚を見ることができる
岩肌には、地味な種類だが珊瑚も貼り付いている
鮮やかな色のイソギンチャクが揺らめき、小さなくぼみには、ウニがぴったりと納まっている
岩の隙間には、鋭利な殻を持つ貝やフジツボが並んでいる
あちこち泳ぎ回りながら、そんなものを見ていると、
あっという間に時間が過ぎていく

泳ぎ疲れて波打ち際に座れば、小さな貝やヤドカリ、エビが遊びに来る
ヤドカリやエビは人間のふやけた肌が好きならしく、
傷跡や虫刺されの跡などを見つけては、小さなハサミでつっついてくる

それが結構な力で突っつくものだから、かなり痛い
容赦なく払いのけても、しばらくするとまた集ってくる

5歳の少女は、そんな小さな貝を集めては、海に返していた




海の中は毎年状態が違って、
海草がよく茂って魚も多い年があると思えば、
酷く枯れて、魚も少ない年がある

なにが原因なのかはわからない

ただ、このあたりには下水道が整備されていない
そして、多くの家が、汚水だけの浄化槽しか持ち合わせていない
つまり、台所や風呂などから出る生活雑排水は垂れ流しなのだ

幸い、この磯に面する家々の殆どはほぼ一年空き家なので、
生活排水の量は少ない

しかし、海を泳ぐと、排水による汚染が無いかと気になるものだ

気休め程度かもしれないが、洗濯には環境配慮型の洗剤を使い、
石鹸・シャンプー・リンスは自然由来のものを選ぶなど、それなりに気を遣っている

配管も、汚染が直接海に入り込まないよう、
排水をいったん地盤に染み込ませる配慮がなされている



時には、アオリイカの家族や、うるめいわしの群れ、
タコやエイなんかも見ることができるこの磯が、
いつまでも綺麗でいてくれるよう、僅かでも配慮をしたいと思う

« 夏旅2012 その7 <庭> | トップページ | 夏旅2012 その9 <旅中旅> »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563961/55819530

この記事へのトラックバック一覧です: 夏旅2012 その8 <海>:

« 夏旅2012 その7 <庭> | トップページ | 夏旅2012 その9 <旅中旅> »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ