« 夏旅2012 その9 <旅中旅> | トップページ | 夏旅2012 その11 <街遊び> »

2012年10月12日 (金)

夏旅2012 その10 <観光>

白浜までの国道42号は、地方都市を辿る典型的な市街道路だ

しかし、白浜の外れにある「ここから急カーブ連続」という道路標識の先は、
一気にその様相を変え、海岸を縫うルートになる

その潮岬までの約60kmは、枯木灘と呼ばれる海岸風景が本当に素晴らしい区間だ

同時に、寒村が点々と散在するだけの寂しい区間でもあり、
日置、周参見という街がそれなりの大きさで存在するだけである

うちのある集落は、別荘マンションが建ち並ぶ様こそたいそうに見えるのだが、
定住人口は700人あまり、世帯も400戸弱の、そんな寒村の一つである


つまり、白浜は、大阪方面からの最後の都市らしい都市だ
おまけに、自然にも恵まれ、観光施設や名所も充実している

温泉や景勝地のほかにも、ゴルフコースもあるし、
行くこと自体が目的になり得る巨大な土産屋もある

そんな中で、レジャー施設として高名なのが、アドベンチャーワールドだ


ここは、サファリパーク、マリンパーク、遊園地をミックスした民間施設で、
特に、パンダの自然繁殖で有名だ


今回は5歳の少女が一緒だっただけに、ここは外せなかった


ちなみに、家内と二人だけで滞在するときには、まず行かない

理由はいろいろある

のんびりしに行っているのだから、わざわざ疲れに行こうと思わない

とか

動物園にさほど興味がない

ということもあるが、なにより、入園料が高いのが最大の理由だ

駐車料金と合わせれば、行くだけで1万円近く掛かってしまう
一度など、駐車料金を払って入場したものの、
チケット売り場の料金表を見ただけで引き返したものだ

ただ、ここには夏季限定の割安チケットがある

夕方5時ごろ以降の入園に制限されるのだが、
パンダやペンギンなどの海生常設、サファリ、陸生常設をひとめぐりしても、
明るいうちにひと巡りできる
日差しも和らぐので、屋外を巡る施設にはもってこいの時間帯だ


そして、行けば行ったでそれなりに楽しめてしまうから困る


Ajmga2 Ajmmvo_2
水の中を飛ぶペンギンの間抜けな立ち姿とか、ただだらしないパンダだとか

Ajn0zu_2 Ajner0
異常に目つきの悪い熊だとか、信じられないほどに小顔メイクのマーモセットとか

Ajnfks Ajndcm
ひたすら金網を噛んだままのカピバラとか、統率の取れていないアヒルの行進とか


ここは、パンダが生まれるたびに全国レベルのニュースになるから、
5歳の少女も、そんなニュースを見るたびに思い出してくれることだろう


« 夏旅2012 その9 <旅中旅> | トップページ | 夏旅2012 その11 <街遊び> »

」カテゴリの記事

コメント

いいねscissors色んな事が出来てて良い!
たまには私も大きな動物が見たい(。・w・。 )

うちには小さな動物ばかりだから・・・・w

ぴったさん コメントありがとうございます

自分の趣味ではなくても、誰かに影響されて体験してみると、
思わぬ楽しさや良さを知ることって、いろいろとありますよね
遊びもそうだし、人付き合いや恋愛もそうだったり・・・・

大人になっても、動物園って楽しい場所でした

ぴったさんも ぜひ(◎´∀`)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563961/55868119

この記事へのトラックバック一覧です: 夏旅2012 その10 <観光>:

« 夏旅2012 その9 <旅中旅> | トップページ | 夏旅2012 その11 <街遊び> »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ