« 夏旅2012 その4 <手始め> | トップページ | 夏旅2012 その6 <買い物> »

2012年9月24日 (月)

夏旅2012 その5 <つきあい>

明けて翌日は朝から雨

今回の滞在は例年に増して天気が悪かった

実は、家内と来るようになってから、天候不順が10年以上続いている
それまでの20年ほどは、滞在中はたいてい晴れ続きだった

本当に、気候が変化したのかもしれない



友人一家には西向きの客間に寝てもらった

客間は西向きで、全面掃き出しの窓になっている

目が覚めてカーテンを開けると、こんな感じだ



P1040011
一昨年の写真ですが・・・


家の西一面にはベランダが取り付いている
外に出れば、視界一杯の太平洋を眺められる

今まで、数人の客人や友人をお連れしてきた
どなたも、朝はベランダに出て、直立不動でこの風景を眺めていたが、
今回の友人も例外ではなかった


写真と違って雨交じりの曇り空だったが



実は、滞在初日は、天気がそれほど良くないほうがありがたい

というのも、午前中は食材などの買い出しをしなければならないし、
帰ってきてからも、庭の草取りや植木の剪定をしなければ、海にも下りることができないからだ




買い物に行くその足で、村唯一の喫茶店にモーニングを食べに行く
未だ食材を買っていないので、家で朝食すら用意できないからでもあるのだが、
この喫茶店に行くことで、村への挨拶を済ませるのがより重要な目的だ

仰々しいように聞こえるかもしれないが、
海沿いの目立つところに建つ、ほぼ年中無人の草ぼうぼうの家は、決して健やかな存在ではない
それに、村の人はまず何も言わないが、陰では数々の迷惑も掛けているはずだ

そこにほんの数日滞在する人間が、村とは我関せずという態度で過ごせば、住民の方々がどう思うか


自分ならどう思うか


だから、お店には、サービスに対してお金を払い、個人には、ささやかなお土産を手渡す


そのぐらいのことしか出来ないのだが


その僅かの気遣いで、滞在を終える際には、ゴミの処分も頼めるし、
不在中に台風などで被害が出れば、連絡してきてくれる





一杯ずつサイフォンで淹れる旨いコーヒーと、4枚切りのトースト半枚、
目玉焼きに野菜とポテトのサラダ、果物一切れに、食後のお茶まで付いて、
ここのモーニングは550円だ

カラオケのモニターには高校野球が映っている
村人は、タバコが匂う店内に、明るい紀州弁を響き渡らせている
常連客は我々を知っている
知っているが、声は掛けてこない

そんな中、顔見知りの村人が声を掛けてくれる

そして、その第一声は、いつもこうだ


「いつ帰るん?」


”よう来たな”、でも、”久しぶりやの”、でもない
きっと、そんな分かりきった挨拶は、ぜんぶ含めてしまっているのだ



そんな賑わいを楽しみながら

こんな時にしか手にしないスポーツ紙を斜め読みつつ

のんびりとモーニングを食べる





お勘定の際、おかみさんが、

「しばらくぶりですな」

と言ってくれた


これまで、この喫茶店のマスターやおかみさんとも、言葉は交わしてこなかった
コチラの素性は知っているはずだけど、向こうも長年話し掛けてこなかったし、
こちらも、地域の輪に馴れ馴れしく入り込むのは不躾だろうと遠慮していた

なんとなく、互いにその距離を保っていただけに、
去年、初めて来れなかったことに気づいてくれていたのは、とても嬉しかった





ここの人は、シャイで懐っこいのだ





よそよそしい態度も、ぶっきらぼうな言葉も、
気質が分かってしまえば、夏の休暇を彩る心地良い風物詩である

« 夏旅2012 その4 <手始め> | トップページ | 夏旅2012 その6 <買い物> »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563961/55691386

この記事へのトラックバック一覧です: 夏旅2012 その5 <つきあい>:

« 夏旅2012 その4 <手始め> | トップページ | 夏旅2012 その6 <買い物> »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ