« やれやれ | トップページ | 夏旅2012 その2 <道程> »

2012年9月 4日 (火)

夏旅2012 その1 <出発>

昨年、家内の子宮癌の摘出手術で行けなかった夏の旅行に行ってきた

ここのところ、姑と一緒に行っていたのだが、
今年は、以前私が図面を引いた住宅にお住まいのお友達一家と一緒だ

昨年、家内の入院中のこと

引渡し後も交流が続いていたそのご主人から、
庭先に小さな倉庫を置きたいので、手伝ってほしい、と頼まれ、
久しぶりにお住まいに訪問し、ご主人を一目見て、
その、浅黒く艶のない肌と、げっそりと痩せた全身にびっくり仰天してしまった

しばらくお会いしないうちに、重い胃癌を患って、胃を全摘したと言うから驚いた

もし、先が長くないとしたら・・・・・

倉庫の設置で何度か訪問するうち、
後悔する前に、なにか恩返しをしておきたくなって、
奥様と、5歳のお嬢さんの3人家族を、和歌山の家へバカンスに誘おうと思い至ったのだ

誘ってみると、想像以上に乗り気のご様子

ただ、その乗り気がリップサービスという可能性もなくは無い
話が立ち消えにならないように、なおかつ断りやすいように、
用心深く連絡を取っていると、その後の一年は、まさにあっという間だった

いよいよ本当に行く気満々、という確証を得られてからは、
30年来の現地の経験を総動員し、
出発日、ルート、滞在日数、滞在中の過ごし方を練りに練った

事前に何度か打ち合わせを重ねながらも、
現地で受けるサプライズを目減りさせないよう、
情報の露出は程々に留めた

また、友人一家にとっては、旅先は他人の家である
もしかすると、一生に一度の訪問かもしれない
楽しさと充実感を、疲れさせない無理の無い日程で組むのは、それなりに気を遣う作業だった


最終的に、お互いに時間の融通が利く点を最大限に活用して、
8月10日金曜日に出発し、和歌山で7泊、大阪で2泊の、計9泊10日の日程を組んだ


内容については次以降で
(そんなに面白い内容にはならないかもしれないが)

04
我が埼玉から和歌山の家まで。これだけの距離がある。遠い

« やれやれ | トップページ | 夏旅2012 その2 <道程> »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563961/55582638

この記事へのトラックバック一覧です: 夏旅2012 その1 <出発>:

« やれやれ | トップページ | 夏旅2012 その2 <道程> »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ