« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月16日 (木)

初音ミクの「ねこみみスイッチ」がかわいい

初音ミクという、合成音声で歌を歌うソフトがある

わりと有名だ

有名だが、これといって聴いたことのある曲はなかった

先日、はじめて、あぁかわいいなぁと思った初音ミク絡みの曲に出会った


それが、「ねこみみスイッチ」だ

4分ほどのテクノポップである

歌詞も曲も歌詞動画もとってもキュートでかわいい
Perfumeの編曲に通じる楽曲も、クオリティが高くて聞き飽きない


この曲に、猫の踊りをCGで合成した動画があって、これもカワイイので紹介する


なんか、CGなのに愛おしい

特別でありたい症候群

誰かにとって、特別な存在でありたい

この世の中で、特別な存在でいたい



私には、そういう痛い欲望が渦巻いている



多くの人の中で、特別な才能を持った一人だ



そう自惚れてもいる



ツイッターやニコ生で知り合った、名前さえ知らない画面の向こうの人物たち


楽しく遊んでいるだけに見えるそんな人たちでも、ごく普通に、心には闇がある
いや、人並み以上に、深く暗い闇に恐れ戦き、その場に救いを求めている人もいる

そんな、か弱き相手が弱音を吐露すれば、

相手の心を深く慰めてあげられるのは、特別である私だけだ

この邪念が鎌首をもたげ、文字で、救いの手を差し伸べてみる



しかし、だれも、その手を握ろうとはしない

そっと未知の闇に差し出したこの手が、虚しく空を泳ぐだけだ



そう

求めているのは、相手のぬくもり

か弱き子羊たちに救いを与えようと見せかけ、救われようとしている偽善者



上手に仮面で化けているつもりが、周りにはとっくにばれている

画面の向こうの人たちにも、そんな浅はかな魂胆が見えているのだろう





ふと顧みれば、リア友(普通の友達のこと)は皆無

画面を見て、無口にコミュニケーションを取って一日を過ごす、ニートの自分がそこに居る


満たされているようで、ふと気付けば、手を差し伸べた虚空のように、そこにはなんの存在もない





それでも、今日も救いを求めて、画面の向こうの名も知らぬ知り合いに会いに行く


誰かにとっての特別な存在であることを実感したくて、文字を送る




2012年2月14日 (火)

多忙に次ぐ多忙

気付けば10日の放置プレイ


忙しかった~


A-1サイズというのは84cmx60cmほどの広さがある用紙だ

ごく一般的なコピー用紙であるA-4の8倍のサイズである



この沈黙の10日間で、そのA-1サイズで14枚の図面を書いていた


あーしんど


以前の記事でも忙しいと零していたが、
その時はA-1サイズで10枚の図面を書き上げた直後のことだった


半月で24枚か・・・・・


それに加えて、施工図という実際に家を造るための図面も書いていた

私が設計して図面を書くときは、書き上げた図面はそのまま施工図になるのだが、
世の中にはそうならない設計屋さんもいる

設計屋さんから預かった図面を見てびっくりした
CADで書いているものの、お絵描きレベルの精度の低さなのだ

これでは、寸法を読み取ろうにも、まるっきりあてにならない

なんのためにCADで図面を書いているのか・・・・・謎


それを、きっちりとした設計図に仕立て上げる仕事

これがA-4サイズで5枚

まだ増えるかもしれないけど




この先、もう一つ別の方から仕事が来る予定になっている

お相手は、非常に仕事のし易いお得意さんなので気は楽だが、
仕事自体はちょこちょこ外出を強いられる案件で、
他の仕事との兼ね合いを取らないといけない、ちょっとしたくせ者なのだ



去年も、今頃は72坪の住宅を設計していたんだから、
この時期は繁忙期になるのかな?







まぁたまには忙しくないと・・・・・・


2012年2月 5日 (日)

田舎の寿司屋


お客さん、入ってるのかなぁ?




いつも、そんな目で見ていた寿司屋に、食事に行った

10人あまりの小宴会である



二階の座敷に上がると、座卓に料理が並んでいた


酢の物 海鮮サラダ 刺身 天ぷら 茶碗蒸し 握り寿司 巻き寿司 デザート


旅館の食事のようだった



「こんな料理も用意できるんだ」

ちょっと感心した




間口わずか二間

決して目立たない、どちらかといえば冴えない構えの小さな寿司屋である


正直言って、見下していた

ごめんなさい




大将の話では、地元の寄り合いにもよく使われているそうだ


引戸を開けると、左手には堂々とした桧のカウンターに5客
ネタ箱にはちゃんとネタが入っている
右手には根曲がり杉を框にあしらった小上がりに、2人掛けの座卓が2卓
狭い小上がりだけど、物置にもなっていない


決して、上々の店というわけではないが、
地元の気楽な寿司屋として、充分機能している様子が伺える


こういう店にこそ、地元は頑張って欲しいはずだ


たまに来ても良いな、そんなふうに思えてよかった





2012年2月 4日 (土)

無線マウス/キーボードをCADで使ってみた感想

マウスをLogicoolのM510に買い換えて、3ヶ月以上が経った


何人かの方が、このマウスとCADとの相性に関して検索して、以前の記事をお読み下さっている


なので、M510で暫くCADを操作してみた問題点を纏めておこう


静止状態からマウスを動かした時にタイムラグがある

ポインタが遅れて動作する、というのではなく、
マウスを動かしてからポインタが動くまでに若干の時間が必要なのだ

これは、恐らく電池の消耗を抑えたいが故なのだろうが、
これが、なかなか厄介なのだ

私の使っているCADは、かなり瞬発的なドラグを頻繁に使うのだが、
その動作にマウスがついてこれず、ただのクリックになってしまうのだ


これが原因の誤操作を頻発させてしまうのが、M510のかなり重篤な欠点だと思う


高解像度(1000dpi)故か、シビアな操作を要求される

特に使い始めの頃は、なかなか思い通りのクリックが出来ないことに苦労した
今でも、疲れてくると狙ったスナップが出来なくなり、ストレスが溜まることもある

ただ、リラックスして操作すれば、それほどの問題ではないと思う


スクロールホイールの動きが渋い

M510はコリコリ感のあるホイールなのだが、そのコリコリが非常に堅くて渋く、感触が悪いのだ

私は、M510を買ってからそのことに気付いたので、
マウスを分解し、コリコリ感を出しているバネを変形させて力を弱め、
更に、テフロン樹脂製の管を使って、摩擦抵抗を低減させた

これで、スクロールボタンの感触は満足いくものになっている

このような加工をしない方は、よくよく検討した方がよい項目だと思う


ホイールボタンが固い

私の使っているCADは、ホイールは使うがホイールボタンは使わないので、
CADを操作するにあたっての欠点とはなっていないが、
このボタンの固さは押している指がつかれるほどなので、使用を諦め、
ホイールボタンの機能を他のボタンに割り当てている




それぐらいだろうか



電池は2本入るが、2本入れるとかなり重い
幸い、メーカーは1本でも動作を保証しているので、1本で使っているが、
専用ソフトによれば、電池の残容量は、新品の時と同じく、「充分」と表示されている
ほぼ毎日、CADを操作していて、この結果なら満足だ


大きさは、私には若干小さいのだが、
これは、かつて、MS社製の初代IntelliMouse Explorer3.0を快適に使っていたからで、
M510は一般的には大型の部類に入ると思う
小さいマウスに慣れている方は、この大きさは要注意だろう



私の結論としては、CADを操作するためのマウスとしては、M510は、及第点といったところだと思う






なお、ほぼ同時に使い始めたキーボード、K270は、特に不満はない
使い始めの頃に気になったキーの重さにも慣れた

K270は価格も安いので、大きな図面を広げて作業するような環境には、悠々と合格点をつけられると思う




参考になれば幸いです

2012年2月 1日 (水)

もう二月・・・・?

一月があっと言う間に終わってしまった


トイレに貼った国民年金基金のカレンダーには、毎月、その時期の行事のイラストが描かれている

一月は獅子舞

三月は雛人形
四月は花見
五月は鯉のぼり
六月はてるてる坊主
七月は朝顔
八月は花火
九月は月見
十月は運動会
十一月は紅葉
十二月はクリスマス


なのに、二月は、スキーのイラストなのだ


なぜ?


なぜ、豆まきじゃない?
なぜ、バレンタインじゃない?



これはきっと、イラストレーターか国民年金基金の広報担当者が一人暮らしで、
一人で豆まきして虚しくなった経験があるか、リア充を極度に憎んでいるかのどっちかだろう



間違いない




ということで、二月といえば節分の豆まきと、バレンタインでチョコレートを貰えるかが関心事である



豆まきは、毎年おとなしめにやっている

家内の帰りが遅いので、その帰りを待って、深夜に小さな声でまくのだ
やるのはそのぐらいのことで、鬼のお面もつけないし、鰯の丸焼きも食べない

まぁ、そんなものである




バレンタインはどうか

チョコは今年も貰えない。まず間違いない。


そもそも、呉れそうな相手がいない



思えば、中学校から30歳頃まで、チョコなんて貰ったことなかった
だから、チョコを貰えないことに慣れれば昔の気分に戻るだけ


べつに、なんてことないものである




やせ我慢に聞こえる?


それならそれで構いませんわw


Sp1030452
いつぞやの空。あの彼方に行ってみたい。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ