« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

花岡幸代と小学校の思い出

この記事は、2011年のもので、
当時、花岡幸代さんは目立った活動をしていなかった
しかし、2015年1月に、18年ぶりとなるライブを開催、ブログも開設されているので、
このような追記を加えることにした

記事中には、この小学校を撮影した写真が見つからない旨書いたが、
その写真、未だに見つかっていない
写真を撮影したかどうかも、記憶があやふやになってきた
でも、確かに撮ったと思うので、見つかったら、
続編みたいな記事を書ければと思っている

(2015年1月追記)



都幾川村立平小学校

それは、都市外郭の山村に残る、かなり純度の高い、昔ながらの木造二階建ての校舎だった

私が初めてこの学校を訪れたのは、19年前の初冬だったと思う
大学のスケッチの画題に、その学校を選んだのだ


古い木造校舎がそこに残っていることを教えてくれたのは、
花岡幸代さんのCDアルバム「さよならの扉」だった


ジャケットに、小学校の名称がクレジットされていたのである

当時も今も、現役の小学校なのに、である
良い時代だったのだろう


その日、私はJR八高線を明覚駅で降り、マイクロバスで運行されている路線バスに乗車した
小学校の北500mぐらいに位置するバス停で下りると、

周囲には山が迫り、道路の交通量は少なく、シンとした空気が辺り一面を支配していた
そこから学校に伸びる道は、山間ながらもまっすぐ伸びていて、
その緩やかな下り坂の先には、清らかな都幾川がせせらいでいた
護岸が為されていない、緑の草に覆われた自然の川の姿だった


初冬の都幾川村西平周辺は、とても静かな山村の趣だった

敷地の南側に廻って、校庭から校舎を見渡す


淡いピンク色のペンキが塗られた南京下見張りの外壁
校庭への出口はアールが付けられたモルタル壁にリシン吹き付け
屋根は、中央に防火壁がそびえる寄棟造り


全体には質素だが、所々の窓に洒落が効いている、
堂々とした、美しい姿だった
なんだか、有名人に遭遇した気分だった

下校時刻が過ぎた後の学校周辺は、ひたすら静かだった

職員口にまわり、声を掛けると、社会科の先生が応対してくれた
学生証を提示し、花岡幸代のアルバムの写真を見て訪ねてきた、
ついては校舎内部の見学と、大学の課題のスケッチをさせて欲しい、とお願いすると、
二つ返事で快く許可してくださった


その先生は、花岡幸代の撮影の際にも立ち会ったそうで、

建築学科の一年生であった私に、校舎内をくまなく案内してくださった

先生の案内で拝見した校舎内は、瀟洒なものだった
手洗い場の丸窓に階段踊り場の縦長窓
階段手摺の腰壁は、縄文彫刻の木枠目地に、欅の一枚板がはめ込まれていた

P1030211

水屋の丸窓。こういう洒落っ気は既に過去のものとなりつつある

P1030210
欅の鏡板の階段。在校生には価値が解っていなかったことだろう

コンクリート
校舎で学び、木造建築に興味を持って建築学科に入学した私には、
板張りの廊下や階段の床が立てる
きしみ音までも羨ましく聞こえた

日が暮れ始めていたので、校庭の南西の隅に座り込み、外観をスケッチ
ちょっとパースペクティブを間違ったことを覚えている
残念なことに、その絵は何故か残っていない
提出したまま、返却されなかったのかもしれない

社会の先生にお礼を言い、帰ろうとすると、
ここまでバスで来たのなら、
私ももう帰るので、駅まで送りましょう、と親切なことを言ってくださった
お言葉に甘え、車に乗せて頂くと、せっかくなので、近くの高名な寺院をご案内します、と、
慈光寺に連れて行ってくださった

都幾川対岸の山の中腹にあるその大きな寺院を参拝し、
明覚駅まで送って頂いた


その後も、何度か、この校舎を見に行ったが、
数年前、周辺の学校を吸収合併して名前が代わり、校舎も建て替えられてしまった

都幾川は良質な建具用材の産地である
新校舎もその地域の特性を反映した、素晴しいもののようだが、

あの昔ながらの姿は消えてしまった



その校舎でジャケット撮影をしていた花岡幸代は、
1991年と1992年に、キングレコードから2枚のCDアルバムを世に出した人物ではあるが、
その後、お名前を聞くことはない

このCDも、当時、何の知識もなく、ジャケ買いした一枚である

花岡幸代はフォークシンガーである

彼女の
歌声、というか歌い方は、どことなく垢抜けない
しかし、透明感のある声とアコースティックな音づくり、素直なメロディーは清々しく、聴き心地がよかった

が、一方で、
やけにキュートなポップ調の歌や、シンセサイザーを多用した編曲も多かった

キャロルキングから書き下ろしのメロディを2曲もプレゼントされているし、飾らないジーンズ姿からも、
この方は、純粋なアコースティックで渋いフォークをやりたかったんじゃないか?と思う

営業からのプレッシャーだったのだろうか?

「こんなポップな歌を唄わせられるんだったら、メジャーレーベルなんて辞めます」

30歳を過ぎてからメジャーデビューした彼女なら、
そんな遣り取りでもあったんじゃないか、と想像するのは難しくない


ネットで検索しても、彼女の現在の情報は手に入らない
あの日に撮影した写真も、何故か見当らない
在りし日の都幾川村立平小学校の姿と共に、記憶の中に静かに眠る
思い出である

P1030212

2011年5月18日 (水)

カズンの「冬のファンタジー」

こういう歌にときめくのは、そもそも何故だろう?

突き詰めて考えると、それは、「二人きりの世界」のもつ秘密性だと思う

恋愛は、究極の秘密だ
彼や彼女に対してさえ、秘密に満ちあふれている

君の全てを見たい
僕の全てを見せるよ

そんなこと言ったって、別々に暮らしている時間のほうが圧倒的に長いのだから、
所詮、都合のよい部分だけを見せているのだ

恋愛は、それで良いの

秘密が多いほど、恋愛の純度は高まるような気がする

相手に見せたい面だけを、注意深く見せていればいいのが恋愛だ、なんて言い過ぎかもしれないが、
そういう傾向が強いほど、深く、濃密な恋愛になると思う


真夜中に君の声
「二人の雪が見たい」なんて
少し戸惑っていたんだ 本当は

すれ違う毎日に
はぐれてしまわないように
きらめく思い出の場所へ連れてって



家族にも、親しい友人にも明かしていない二人が、刹那的に雪山に行く

いや・・・・歌詞には、そんな秘密性は明確には書かれていないけど、
聞いているこちらが、そこに秘密性を(勝手に)重ね合わせると、
この二人の
まぶしさが無限に高まるように感じられるのだ



大好きな彼あるいは彼女のことだけを想っていれば、それ以外に何もないのが恋愛だ

どれだけ、二人だけの秘密を積み重ねるかが、恋愛の楽しみそのものかもしれない

秘密って、ほんとうに美味しいから


恋愛関係の二人って、社会に組み込まれていない
何処にも所属していない
その傾向をより強くするには、秘密が一番だ
知っている人が少ないほど、社会との接点も少ないのだから
秘密であればあるほど、二人は社会から隔絶され、恋愛はその純度を増していく


誰も知らない恋愛こそが、最高の恋愛かもしれない



一方で、恋愛
に対する、あるいはその延長として存在する結婚は、事実そのもの
もはや社会の一構成要素である

結婚して家族という社会に呑み込まれると、二人きりの世界は早々に消滅する

何でもかんでも、白日の下に曝されるのだ


・・・・

思い切り手を伸ばし
頬寄せてシャッターを切った
一枚のはみ出した笑顔 覚えてる?



街の灯も ざわめきも届かない
二人だけの物語が輝き出すよ



あ~、秘密って美味しい

1995年のヒット曲で、疼くようなときめきを・・・・

2011年5月 6日 (金)

成田詣

ほぼ毎年、千葉の成田山に行く

ケチだから、なるべく高速道路は使わない

使うのは、外環道だけ

狭山から成田は、凡そ100kmの道程である
この距離を、殆ど高速道路を使わずに走っていると、
さすがに飽きそうなものだが、
途中の柏に義理の兄の墓があり、
必ず立ち寄るので、意外と距離を感じない


成田山に行く、というのは、じつはこの兄の墓参りのついでなのだ

で、柏から成田までは高速道路ではなく、一般道を走る

一昨年、手賀沼の南側を東進し、木下(きおろし)に向かう道を見つけた
この道が、
長閑で程良く快走できて、とても好きだ
道幅は少々狭いが、森の中あり、土手上ありで、目を楽しませてくれる
なかなかロマンチックだ
いつかは、バイクで
静かに走ってみたい

木下(きおろし)はバイパスでかわし、国道356号で引き続き東進する

この辺りから、家屋の棟瓦の被害が次々と目に入ってきた
3月11日の地震で、激しく揺さぶられたのだ
被害件数が多く、改修の手が回らないのだろう
崩れた棟をブルーシートで覆った姿は痛々しかったが、
瓦以外の家屋は健全そうだった

国道356号のうち、利根川沿いの道は路盤崩壊で通行止めになっていた
そのせいか、成田に向かって右折する交差点は長い渋滞が出来ていた

この交差点から成田までの道も好きだ

JR成田線につかず離れず伸びる旧道は、かなり狭い

踏切も多く、走り易くはないが、古い道だけに景色が良いのだ
広い空の下、水田の脇を走ったかと思ったら、アップダウンを繰り返す山道に様変わり
古い家屋の密集地に、最先端技術が
突如現れたりする
なかなか飽きさせない道である

S2011_002
古い街道筋に突如現れる、成田スカイアクセス成田湯川駅


この道は本来、成田駅から新勝寺への参道の真ん中に辿り着く
成田山まであと1kmなどという古い看板が掲げられていたりするが、
参道に突き当たる数十メートル手前まで、成田山に近づいているとは感じない
突如、参道に飛び込むかのような沿道の変わり様がまた結構好きだ

尤も、今回は連休中とあって、参道手前の交差点で迂回させられたけれど

成田詣の目的は、もちろん新勝寺への参詣でもあるが、
門前の鰻と参道のそぞろ歩きも欠かせない

鰻は、
数年前に偶然飛び込んで気に入った「川豊」という店に決めている
実は、今回、初めて休日に成田に来たのだが、驚いてしまった
川豊が、明らかに飛び抜けて長い行列を作っていたのだ
どうも門前で一番の人気店のようだ
参道の脇で鰻を捌いているのだから、そりゃ客も引かれるわな

並重と鯉の洗いを一皿頼み、新鮮な山椒に舌をぴりりとさせて、幸せな気分でそぞろ歩きに出た

S2011_001
賑わう成田参道。天気に恵まれた

八街の落花生と長命泉普通酒一升をぶら下げ、
長命泉の近くのスーパーで買った多胡米5kgを肩に載せ、新勝寺へと下る

本厄だが、祈祷まではせず、
厄除守と合格守を買い求め、静かに手を合わせ、いろいろと祈った

厄払い、世界平和、震災復興、人それぞれの幸せ

次回、参詣の折には、今より少しでもこの世が佳くなっていますように・・・・

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ