« -JIN-と大江戸神仙伝 | トップページ | 成田詣 »

2011年4月25日 (月)

キャンディーズの存在感

キャンディーズの実質最後のシングル「微笑がえし」の発売は、私が7歳の頃だそうだ

1970年生まれの私にとって、キャンディーズは興味の対象外だった
キャンディーズのファン層は高校生や大学生だったそうで
当時、小学校低学年だった私に、
キャンディーズへの特別な想いがないのも当然のことと思う


だから、あの3人にドキドキしたことも、目をハートにしてテレビや雑誌にかじりついたこともない


「微笑がえし」という歌については、その存在すら知らなかった


キャンディーズの歌詞は、ですます調が多い
甘い恋を唄う「年下の男の子」も、別れを経験した人に贈る応援歌「春一番」も、
ファンへの恩返しといわれる、この「微笑がえし」も

好きな女性に、ですます口調で接せられると、なんだかすごく冷たく感じる
「タメ口きいてよ」なんて、ねだったりする

まぁ、たいていは聞き入れてくれないけれど


綺麗で可愛い、みんなの心の恋人は、とろけそうな笑顔を浮かべつつ、
ですます調の歌詞で、決してこちらに近づいてこない距離感を醸し出しているように感じる
ランスーミキちゃんのですます言葉に、きっと多くの男性諸氏が胸を焦がしたのでは?


「微笑がえし」は、解散が決まった後に作られ発売された曲

歌詞が直接描くのは、年下の、やさしくて可愛い悪魔との別れ
その内容は、男女二人の別れだけど、別れの場所はなぜか三叉路


あの三叉路で
軽く手を振り
私達 お別れなんですよ

1,2,3 3つ数えて
見つめ合ったら
私達 お別れなんですね



みんながこの歌の意味づけを解って聴いているから、
三叉路で別れてそれぞれに遠ざかる、女性三人の
後ろ姿が目に浮かんだのは明らかだ


そして、その歌声が、とっても明るい
明るく、朗らかに、最後の別れを唄う最愛のアイドル

安住伸一郎の日曜天国のオープニングで聴いた「微笑がえし」
一度もときめいたことがない、私と違う時代のアイドルの歌

ファンとの別れ、キャンディーズ3人の別れ

その明るい歌声に?ですます言葉に?

なんででしょうね

なんで、
涙が溢れたのでしょうね


ファンだった方々の落胆が、ちょっとわかる気がした


きっと、青山斎場は、多くのファンで囲まれるのでしょう



母を亡くしたからか、幾ら還暦前という若さであっても、
病気で亡くなったこと自体は、別に何とも思わない今日この頃

自分の青春と重ならない存在だったけれど、やっぱり、キャンディーズって
そんな自分にとっても、存在感が大きかったということなのかもしれない


田中好子さん、安らかに

« -JIN-と大江戸神仙伝 | トップページ | 成田詣 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563961/51480833

この記事へのトラックバック一覧です: キャンディーズの存在感:

« -JIN-と大江戸神仙伝 | トップページ | 成田詣 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ